仰向けで寝ることの影響とは

寝る時の姿勢を意識している方は多くいるのではないでしょうか。ビューティー04

 

寝相はお肌にも影響を及ぼすそうです。顔を圧迫するうつぶせ寝はダメだといえるでしょう。横向きもそうですが、顔のたるみにつながり、しわも出来やすくなるといわれています。顔面に重みが掛かった分、目や頬のあたりにシワが寄るのは確実だといえるでしょう。これがほうれい線へとつながっていくのです。ほうれい線とは、加齢によって重力に抵抗できなくなった肌にできるたるみであるため、やはり、重力をかけてしまうような寝かたは、シワをより深く作ってしまうでしょう。このような面から、一番いい寝相は仰向けだといえるのではないでしょうか。枕は高すぎないものを選ぶようにしましょう。顎の位置も上げすぎず、下げすぎず、立っているときの状態と同じ姿勢になれるように寝られるようにしたいものです。

 

人生の3分の1は睡眠で占められているといわれます。寝かたは本当に重要なポイントだと分かるのではないでしょうか。若さを維持したいなら、寝相を治すことから始めていきましょう。もちろん若さだけでなく、からだ全体の健康のためにも、寝る時の姿勢というものは、大きな影響をもたらしているのです。

コメントを受け付けておりません。